メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
次世代の戦後

記憶と表現 女性学・男性学 同志社大講師・水島新太郎さん

「男性学」の変遷について語る水島新太郎・同志社大講師=京都市上京区で、小松雄介撮影

規範を超えた生き方とは 水島新太郎さん(35)

 男らしさ、女らしさって何だろう? 日ごろ、なにげなく口にする言葉の背景について、同志社大学講師、水島新太郎さん(35)は「男性学」という領域で研究を続ける。メディアには、「女装家」タレントが頻出し、東京都世田谷区など同性婚を法的に認める自治体も出始めた。一方、ジェンダー(文化・社会・心理的性差)は根強く残り、格差社会に影を落とす。『マンガでわかる男性学〜ジェンダーレス時代を生きるために』(行路社)を5月に刊行した水島さんは「男女の関係」をどう捉えているのだろう。【有本忠浩】

 水島さんの中学生時代。「反抗期だった私は外で働いていた母に、『何で家にいないの?』とつっかかったこ…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1906文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです