メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代の戦後

記憶と表現 女性学・男性学 同志社大講師・水島新太郎さん

「男性学」の変遷について語る水島新太郎・同志社大講師=京都市上京区で、小松雄介撮影

 男らしさ、女らしさって何だろう? 日ごろ、なにげなく口にする言葉の背景について、同志社大学講師、水島新太郎さん(35)は「男性学」という領域で研究を続ける。メディアには、「女装家」タレントが頻出し、東京都世田谷区など同性婚を法的に認める自治体も出始めた。一方、ジェンダー(文化・社会・心理的性差)は根強く残り、格差社会に影を落とす。『マンガでわかる男性学〜ジェンダーレス時代を生きるために』(行路社)を5月に刊行した水島さんは「男女の関係」をどう捉えているのだろう。【有本忠浩】

 水島さんの中学生時代。「反抗期だった私は外で働いていた母に、『何で家にいないの?』とつっかかったことがあるんです」。すると母から、「他人に依存して生きたくない」と返ってきた。

この記事は有料記事です。

残り1578文字(全文1906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 岡山・暴力団事務所近くで複数回の発砲 2人がけが

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 背景に義憤や嫉妬 安全な場所からたたく ネットめぐる訴訟手がける深沢諭史弁護士

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです