メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代の戦後

記憶と表現 女性学・男性学 同志社大講師・水島新太郎さん

「男性学」の変遷について語る水島新太郎・同志社大講師=京都市上京区で、小松雄介撮影

規範を超えた生き方とは 水島新太郎さん(35)

 男らしさ、女らしさって何だろう? 日ごろ、なにげなく口にする言葉の背景について、同志社大学講師、水島新太郎さん(35)は「男性学」という領域で研究を続ける。メディアには、「女装家」タレントが頻出し、東京都世田谷区など同性婚を法的に認める自治体も出始めた。一方、ジェンダー(文化・社会・心理的性差)は根強く残り、格差社会に影を落とす。『マンガでわかる男性学〜ジェンダーレス時代を生きるために』(行路社)を5月に刊行した水島さんは「男女の関係」をどう捉えているのだろう。【有本忠浩】

 水島さんの中学生時代。「反抗期だった私は外で働いていた母に、『何で家にいないの?』とつっかかったこ…

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1906文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです