メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

告示 争点見えぬ首都決戦 17人届け出 31日投開票

 舛添要一氏の辞職に伴う東京都知事選が14日告示され、午後1時半までに新人17人が立候補を届け出た。3代続けて知事が任期途中で辞職した都政の立て直しが当面の課題となるが、出馬表明の遅れで候補者の具体的な政策は出そろっておらず、争点は明確になっていない。選挙戦は1999年以来17年ぶりの「分裂選挙」となる自民党と、共闘で臨む野党を中心とした構図になる。投票は31日に行われ、即日開票される。

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです