メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新種のイルカ化石

「ニンジャ」命名 24日から記念企画展も 伊賀 /三重

ニンジャデルフィスウジハライ生態復元画(足寄動物化石博物館新村龍也氏画)=三重県伊賀市教委提供

 伊賀市教委は13日、市内で18年前に見つかった化石が今春、新種のイルカ類だと判明したことを記念し、24日から企画展を上野歴史民俗資料館(上野丸之内)で開くと発表した。新種の学名は伊賀になじみの忍者と発見者の名から「ニンジャデルフィス ウジハライ」とされた。

 群馬県立自然史博物館の木村敏之学芸員が前頭骨の形などから新種と判断し、3月、…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです