メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あすへ懸ける虹

日本語教室・春夏編/1 来春の高校入試目指し 来日の10代、ひらがなから /滋賀

指導員(左側)が少人数に教える形式の日本語教室「虹」=滋賀県草津市草津1で、大澤重人撮影

 <共生を考える 第2部>

 教室の扉を開けると、アジア系の顔がこちらを見た。4月末の日本語教室「虹」(草津市草津1)。指のリングにイヤリング。外国の香水だろうか、かいだことのない香りが届く。

 「次は、言葉じゃありません。文です」。日本語指導員の谷田万実(まみ)さん(54)がゆっくり発音する。「え、を、か、く」

 イラストも見せながら、読み上げた言葉や文章をひらがなで書く練習中だった。若い生徒たちが、ノートにシ…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1613文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです