メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

涼しげなガラス100点 工芸家の親子が製作 19日まで、京都高島屋 /京都

 ガラスの作品展「未来へのきざし」が13日、京都高島屋(京都市下京区)で始まった。柔らかな質感と色彩が特徴のパート・ド・ベール技法を使い、京都市左京区のガラス工芸家、石田知史さん(44)と両親が製作した約100点を展示する。ペルシャ文唐草の合子、草原の馬を表現した茶わんなど涼しげな作品が並ぶ。19日まで。

 パート・ド・ベールは古代メソポタミアを起源とする技法。石こうの型に模様を彫り、粉ガラスを入れた後、…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文504文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです