メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下「退位」意向 立場の重み知るからこそ 元側近が語る「思い」

 「天皇の役割を一番ご存じだからこその決断だったのではないか」。元側近の一人は「生前退位」の意向に関し、陛下の思いをそう推し量った。

 歴代天皇の中で唯一、現憲法に基づく「象徴」として即位。皇后さまと二人三脚でさまざまな公務に取り組み「新たな天皇像」を作ってきた。災害被災地で被災者の話に耳を傾け、戦争の跡地を巡り、静かに黙とう。「お体が頑健とは言えない」(元侍従)中で、前立腺がんと心臓の2度の手術を乗り越えてきたが、昨年の誕生日に伴う記者会見では「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもあり…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです