メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下「退位」意向 立場の重み知るからこそ 元側近が語る「思い」

 「天皇の役割を一番ご存じだからこその決断だったのではないか」。元側近の一人は「生前退位」の意向に関し、陛下の思いをそう推し量った。

 歴代天皇の中で唯一、現憲法に基づく「象徴」として即位。皇后さまと二人三脚でさまざまな公務に取り組み「新たな天皇像」を作ってきた。災害被災地で被災者の話に耳を傾け、戦争の跡地を巡り、静かに黙とう。「お体が頑健とは言えない」(元侍従)中で、前立腺がんと心臓の2度の手術を乗り越えてきたが、昨年の誕生日に伴う記者会見では「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもあり…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです