メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下「退位」意向 驚きと共感と 公務多忙極め(その2止)

第67回全国植樹祭の会場を後にされる天皇、皇后両陛下=長野市で2016年6月5日(代表撮影)

 天皇陛下は学習院で初等科から一貫して学ばれた。

 初等科から大学まで陛下と一緒だった田實(たじつ)英一さん(83)=東京都目黒区=によると、最近は学生時代の友人と会うたび、陛下の多忙さが話題になっていた。「なんとか(公務について)考えてさしあげないとだめなんじゃないの」と話し合っていたという。年間を通じて陛下のスケジュールが詰まっている印象だったといい、「本当に大変で、お気の毒だと思う。私ならとても務まらない」と陛下の体調をおもんぱかった。

 今年3月に開かれた初等科の同窓会で陛下と言葉を交わす機会があったという。「陛下はまじめな性格で、責任感がすごく強い方。このままでは周りにも迷惑がかかるかもしれないということまでお考えになったのではないか」と話した。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです