メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下「退位」意向 驚きと共感と 公務多忙極め(その2止)

第67回全国植樹祭の会場を後にされる天皇、皇后両陛下=長野市で2016年6月5日(代表撮影)

学友「もう十分お務め」

 天皇陛下は学習院で初等科から一貫して学ばれた。

 初等科から大学まで陛下と一緒だった田實(たじつ)英一さん(83)=東京都目黒区=によると、最近は学生時代の友人と会うたび、陛下の多忙さが話題になっていた。「なんとか(公務について)考えてさしあげないとだめなんじゃないの」と話し合っていたという。年間を通じて陛下のスケジュールが詰まっている印象だったといい、「本当に大変で、お気の毒だと思う。私ならとても務まらない」と陛下の体調をおもんぱかった。

 今年3月に開かれた初等科の同窓会で陛下と言葉を交わす機会があったという。「陛下はまじめな性格で、責任感がすごく強い方。このままでは周りにも迷惑がかかるかもしれないということまでお考えになったのではないか」と話した。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです