メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

3カ月 「橙書店」被災と復興の物語 文学の拠点、守りたい

橙書店を訪れ、店主の田尻久子さん(右)と話す伊藤比呂美さん=熊本市中央区で、和田大典撮影

 熊本地震の発生から3カ月がたった。熊本の被災地ではいまだ4870人が避難生活を送る。一方で仮設住宅の建設などが進み、生活再建に向け、手探りながらも新たな一歩を踏み出した人々も少なくない。この3カ月、街中の商店街にも人通りや活気が徐々に戻ってきている。店主が気に入った本だけ書棚に並べ、朗読会も開催する名物書店、熊本市中央区新市街の橙(だいだい)書店も被災した。店を一人で切り盛りする田尻久子さん(47)は、文芸誌「アルテリ」の編集も担当。この小さな店の復旧を、熊本市在住の石牟礼道子さん(89)、渡辺京二さん(85)らが築いてきた熊本の文学的伝統の厚みが支える。米国在住の詩人、伊藤比呂美さん(60)や北海道在住の作家、池澤夏樹さん(70)らも駆け付けた。「橙書店に集まる文学を救いたい」との願いを込め、石牟礼さんらが新作を発表する文芸誌が近く発刊される。【米本浩二】

 「ああ、もうこれで死ぬのかなと思った。瞬間何十秒か。死ぬ。本気で思った。家からあわてて外に出て、立…

この記事は有料記事です。

残り4160文字(全文4595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです