メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住職罷免を申し立て セクハラ問題で「一山」

善光寺本堂=巽賢司撮影

 善光寺(長野市)の住職の一人で、天台宗「大勧進」のトップ、小松玄澄貫主(げんちょうかんす)(82)が職員にセクハラをしたなどとされる問題で、傘下の天台宗寺院住職らで構成する「一山」代表者らが13日、「信徒の信頼を失墜させた」として、天台宗務庁(大津市)に住職の罷免を申し立てた。

 一山の代表者によると、申立書には、小松貫主が女性職員に対し、セクハラ行為や不当な配置転換、差別的発言などをしたとし、「一連の行状は信徒の信頼を失い、天台宗が定めた懲戒規定に違反する」と罷免を求めている。13日付で、宗務庁トップの宗務総長に郵送したという。

 代表者は「僧侶は高い倫理性が求められており、小松貫主は一連の問題への道義的責任を取るべきだ」と説明。「善光寺全体が名誉を傷つけられた。信徒の期待に応え、一から立て直すためにも早く解決し、態勢立て直しを図りたい」と述べた。【稲垣衆史】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸製鋼不正 「40年以上前から」元社員ら証言
  2. 衆院選 安倍首相に熱狂 投稿内容は「自己責任」
  3. シリア IS、事実上崩壊 「首都」ラッカ制圧
  4. 社説 日本の岐路 財政立て直し こぞって後回しの無責任
  5. デジタル ルンバが草刈り機に変異!? ロボット掃除機の生みの親が作った「Tertill」は雑草駆除が大好き(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]