メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
広島・安佐動物公園

クロサイ50歳に 世界新更新

飼育係の畑瀬さんに声を掛けられるクロサイのハナ=広島市安佐北区の市安佐動物公園で2016年7月13日午後3時3分、石川裕士撮影

 広島市安佐北区の市安佐動物公園で飼育されている雌のクロサイ「ハナ」が14日、誕生日を迎えて推定50歳となり、長寿の世界新記録を更新した。国内最多の10頭の子を産み育て、世界中の動物園にやしゃごまで六十数頭の子孫がいる「クロサイ界のレジェンド」(飼育係)だ。

 体長約3メートル、体重約1.2トン。ケニアのサバンナで育ち、背中には銃創とみられる傷痕がある。国内唯一の野生育ちのクロサイだ。

 動物園に来たのは1971年7月14日で、角の大きさなどから年齢を推定し、この日を5歳の誕生日とした。これまでの世界記録は米オハイオ州の動物園で飼育され、推定49歳で死んだ雄だった。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです