メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・安佐動物公園

クロサイ50歳に 世界新更新

飼育係の畑瀬さんに声を掛けられるクロサイのハナ=広島市安佐北区の市安佐動物公園で2016年7月13日午後3時3分、石川裕士撮影

 広島市安佐北区の市安佐動物公園で飼育されている雌のクロサイ「ハナ」が14日、誕生日を迎えて推定50歳となり、長寿の世界新記録を更新した。国内最多の10頭の子を産み育て、世界中の動物園にやしゃごまで六十数頭の子孫がいる「クロサイ界のレジェンド」(飼育係)だ。

 体長約3メートル、体重約1.2トン。ケニアのサバンナで育ち、背中には銃創とみられる傷痕がある。国内唯一の野生育ちのクロサイだ。

 動物園に来たのは1971年7月14日で、角の大きさなどから年齢を推定し、この日を5歳の誕生日とした…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 日本は本当に安全な国か 犯罪は少ないのに治安の悪化を体感する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです