メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人工知能

糖尿病分析 電子カルテで病状把握へ 

 人工知能(AI)で生活習慣病患者の電子カルテを分析し、医療や保険に応用しようと、日本IBMと藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)、第一生命保険が共同研究を始めることが13日、分かった。カルテに記載された症状や病歴を分析して糖尿病患者の傾向を引き出し、より効率的な治療方法を見つけたり、新たな保険商品の開発につなげたりする狙い。AIを活用した大規模な電子カルテの分析は国内初という。

 今月下旬から糖尿病のカルテ分析に着手する。藤田保健衛生大学病院が2004年以降の患者約98万人分の…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです