メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発

廃炉作業で石棺方式に余地 支援機構が計画書

 東京電力福島第1原発の廃炉作業で、原子力損害賠償・廃炉等支援機構は13日、溶融した核燃料(燃料デブリ)をコンクリートなどで建屋内に閉じ込める「石棺方式」を、将来の選択の余地として残すことを盛り込んだ初めての計画書をまとめた。

 機構は計画書で、石棺方式について「長期にわたる安全管理が困難」と指摘。現時点では燃料デブリを取り出す方針であることを強調する一方、「今後明ら…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです