メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大空を追われ

少なくなったコウノトリ ツルにそっくり 六月に全国で数を調べみんなで大切に保護

1958(昭和33)年5月10日夕刊こども面

<1958(昭和33)年5月10日夕刊こども面>

 五月十日はバード・デー、それから一週間は愛鳥週間です。ちょうどいま、鳥と動物の生態をとらえた記録映画「大自然にはばたく」(文部省特選)も上映されています。きょうはコウノトリについて山階鳥類研究所の高島春雄先生のお話をお伝えしましょう。

 ヨーロッパでは、人間のこどもはコウノトリがはこんできてくれるという古くからのいい伝えがあり、アンデルセンの童話にも出てきます。ヨーロッパのコウノトリは日本のより身体がひとまわり小さく、クチバシも赤いシュバシコウという種類です。ふつうは大木の頂上に枯れ枝などを選んできて、直径二メートルもある大きい巣を作りますが、時には電柱や屋根の上に巣を作ることもあります。それほどヨーロッパの人々には親しまれている鳥です。ちょうど日本でツバメが軒先に巣を作るのと似ていますね。

 ところがヨーロッパではコウノトリが年々少なくなっていくので心配されています。そこでベルギーのブリュ…

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ミスド元アルバイト男性が不適切動画 食材触れる
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫
  5. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです