メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大空を追われ

珍鳥は滅びず 絶滅寸前のコウノトリの巣 今年は11個も発見

1958(昭和33)年6月17日夕刊社会面

<1958(昭和33)年6月17日夕刊社会面>

 日本の珍鳥コウノトリは特別天然記念物に指定され厳重な保護が加えられているが、最近は減る一方で総数二十羽足らずと推定され、確認された巣もわずか五個(兵庫三個、福井二個)で絶滅一歩前といわれていた。ところがことし兵庫県豊岡市近郊だけで営巣、抱卵中の巣を十一個も確認したとこのほど同県但馬コウノトリ研究会から山階鳥類研究所=東京渋谷・山階芳麿所長=へ報告があった。この結果コウノトリは少なくとも三十羽前後は生息していることがわかり、鳥類関係者を喜ばせている。山階鳥研では近く所員を現地に派遣して保護策を講ずるとともに「世界コウノトリ・センサス」の元締めであるロンドンの国際鳥類保護委員会に報告する。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1543文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです