メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワニの歯

化石発見、県内で9例目 180万年前と推定 多賀町立博物館 /滋賀

多賀町で見つかった180万年前のワニの歯の化石=滋賀県多賀町立博物館提供

 多賀町立博物館は14日、同町四手の「多賀町古代ゾウ発掘プロジェクト」の現場で、ワニの歯の化石を発見したと発表した。県内でワニの化石が見つかったのは9例目で、最も新しい約180万年前と推定される。当時の自然環境などを考える上で貴重な資料となる。

 見つかった化石は長さ10・3ミリ、断面は楕円(だえん)…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです