メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

てんかんと生きる

医療の現場で/中 病名が分かるまで15年余

 「異常ありません」

 首都圏に住むピアノ調律師の女性(47)は、複数の医師から何度もそう聞かされた。原因不明のめまいやノドのしびれ、息苦しさ、体のこわ張り、激しい頭痛、左半身から広がる体のまひ。やがて呼吸困難に近い状態に至るそれら全てがてんかんに起因する症状と分かるまで、最初の救急搬送から15年余りが過ぎていた。

この記事は有料記事です。

残り2390文字(全文2547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  2. 1週間の感染者1000人超の愛知、帰省の再検討求める 岐阜知事は「バーベキューに注意」

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです