メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

てんかんと生きる

医療の現場で/中 病名が分かるまで15年余

 「異常ありません」

 首都圏に住むピアノ調律師の女性(47)は、複数の医師から何度もそう聞かされた。原因不明のめまいやノドのしびれ、息苦しさ、体のこわ張り、激しい頭痛、左半身から広がる体のまひ。やがて呼吸困難に近い状態に至るそれら全てがてんかんに起因する症状と分かるまで、最初の救急搬送から15年余りが過ぎていた。

この記事は有料記事です。

残り2390文字(全文2547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです