メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

ボランティアバス継続模索

東北の被災地へ向かうボランティアバスに乗り込む参加者たち=兵庫県豊岡市で、柴崎達矢撮影

 ボランティアを被災地に派遣する「ボランティアバス」が、旅行業法に抵触すると観光庁から指摘された。運行するNPOや社会福祉協議会は混乱に巻き込まれながら、被災者のために支援を継続しようと模索している。

 ●「警察に告訴する」

 「早く是正しなければ警察に告訴することになる」

 一般社団法人「ボランティア東北ファミリア」(宮城県南三陸町)の鈴木隆則代表は6月、県観光課の職員3人と面談した際に言われた「不穏当な警告」を覚えている。例えば、参加者から代金を集めて弁当を購入し、配布する程度のサービスも、「利便性を提供できるのは旅行業者だけ」と法令に基づき禁止。行政側の強硬な姿勢は面談後の電話でも続いたという。

 東北ファミリアが東京都内から運行するボランティアバスは、原則として毎週金曜、JR品川駅前の広場から…

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです