仏ニース

トラック突入テロ、花火見物の84人死亡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
フランス・ニースで、花火客の列にトラックが突入した現場を警戒する警察官=AP
フランス・ニースで、花火客の列にトラックが突入した現場を警戒する警察官=AP

 【パリ賀有勇】フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後11時(日本時間15日午前6時)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火の見物に集まっていた群衆にトラック1台が突っ込んだ。カズヌーブ内相などによると、子どもを含む84人が死亡し、18人が重傷を負った。運転手は警察当局に射殺された。車内からは、ニース在住でチュニジア出身の31歳の男の身分証が見つかったと地元メディアは報じた。犯行声明などは出ていないが、バルス首相は「テロ攻撃を受けた」とツイッターで発言。対テロ部門が捜査に着手した。

 オランド大統領は15日未明に声明を発表し、「故意に多数を殺傷しており、テロの性質を帯びていることを否定できない。国境など必要な地点に治安部隊を配備する」と述べ、近年のテロ事件を受け国内に出していた非常事態宣言をさらに3カ月延長することを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1139文字)

あわせて読みたい

注目の特集