メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福知山線脱線

現場マンション一部取り壊しへ 27日から

追悼施設建設のための保存工事に入る、電車が衝突したマンション=兵庫県尼崎市で2016年1月11日、本社ヘリから加古信志撮影

 2005年4月のJR福知山線脱線事故の現場マンションの一部を慰霊施設として保存する工事で、JR西日本は今月27日から、9階建てマンションの4階から上の階の建物を取り壊す工事を始める方針を決めた。15日、遺族らに伝えた。

 計画ではマンションの4階までを階段状に残し、衝突跡が残る部分などを保存する。工…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです