保険会社

介護保険で生活支援サービス…離職ゼロへ後押し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
介護・看護を理由とする離職者
介護・看護を理由とする離職者

 介護保険の保険金の支払いだけでなく、介護相談や家事代行などのサービス提供を始める保険会社が増えている。日常生活の援助に限られる国の介護保険制度の訪問介護に加え、民間保険が介護以外の幅広い生活支援サービスを提供することで、家族の介護負担を軽減できる。高齢化で拡大する介護関連マーケットを取り込む狙いもあり、政府が掲げる「介護離職ゼロ」を支援する取り組みとして注目されそうだ。【中島和哉】

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1252文字)

あわせて読みたい

ニュース特集