英国

議論好き、おしゃれ好き…新首相に就任したメイ氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

テリーザ・メイ氏(59)

 学生時代から首相になると公言。メイ氏の友人は英BBCに「(マーガレット)サッチャーが英国初の女性首相に就任した時(1979年)、メイ氏は『初の女性首相になれなかった』と悔しがっていた」と語った。

 2010年から6年間、主要閣僚の内相を務めた。同僚議員は「冷静で信頼がおける」と評す。一方、地元メディアの記者は「議論を好み、相手の意見を受け入れる柔軟さも見せるが、派閥は作らない」と話す。

 保守党内では中道派。同性婚を認める一方、内相として不法移民に厳しい姿勢で臨み、テロ対策では反対を押し切り、教育現場に過激思想の兆候が見られる生徒を通報するシステムを導入した。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文664文字)

あわせて読みたい

注目の特集