真田丸舞台「沼田」

PR作戦に「小松姫コロッケ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「小松姫コロッケ」と「サクッと散策真田絵図」を作ったパソコン部の生徒=群馬県みなかみ町の利根商業高で、米川康撮影
「小松姫コロッケ」と「サクッと散策真田絵図」を作ったパソコン部の生徒=群馬県みなかみ町の利根商業高で、米川康撮影

 NHK大河ドラマ「真田丸」の舞台の群馬県沼田市をPRしようと、利根沼田学校組合立利根商業高(同県みなかみ町)の生徒が「小松姫コロッケ」を商品化し、市内三つの精肉店で販売している。

 同高パソコン部が沼田城主・真田信之の妻、小松姫にちなみ、小松菜を共通具材に考案。各精肉店がそれぞれ、ごぼう、チーズ、ス…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文278文字)

あわせて読みたい

ニュース特集