連載

堤未果さんインタビュー

毎日新聞デジタルの「堤未果さんインタビュー」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

堤未果さんインタビュー

(1)「カネの流れを追うと真実が見える」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ジャーナリストの堤未果さん=竹内幹撮影
ジャーナリストの堤未果さん=竹内幹撮影

5日連続集中連載

 4月、中央アメリカのパナマの法律事務所から膨大なデータが流出し、世界中に衝撃が走った。通称「パナマ文書」。そこから浮かび上がったのは、租税を回避する各国要人や多国籍企業の実像だった。国際ジャーナリスト、堤未果さんは<すでに世界の貿易の半数以上は、どこかのタックスヘイブンを経由している。1980年代以降、モノづくりから離れて金融やITといったサービス業に移行したアメリカを支える、重要なグローバル戦略の一つ>であると、新著「政府はもう嘘(うそ)をつけない」に書いた。

 46年のブレトンウッズ体制以降、米ウォール街の資金は四半世紀の時を経て、英国の低税率の金融帝国「シティ」へ逃げ込み、後に世界経済を崩壊させる「強欲マネーゲーム」の種が芽吹いた。<法外な利益を手にした金融業界は、雪だるま式に膨れてゆくその資金力で政治も完全にコントロール>した今、米国は「株式会社国家」と化したと指摘する。それは現在進行する米大統領選も例外ではないという。「カネの流れを追うと真実が見…

この記事は有料記事です。

残り6558文字(全文7000文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集