メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学関連

東京海洋大越中島キャンパス 「海の日」に明治丸記念館がオープン

建造当時の明治丸の模型や写真などが展示されている明治丸記念館

[PR]

記念館では、明治丸ゆかりの品々や写真などが展示されている
記念館の隣接地に保存されている明治丸
視察の際、宿所として使われた部屋には明治天皇の肖像画が……

 国指定重要文化財の明治丸に関する資料を集めた明治丸記念館が東京海洋大学越中島キャンパス(東京都江東区)に完成した。「海の日」の18日から一般公開される。隣接地に保存されている明治丸も公開されていて、今後、明治丸海事ミュージアムとして一体運用していく。

     明治丸は1874(明治7)年にイギリスで建造され、各地に建てられた洋式灯台の巡視や明治天皇の東北、北海道視察で活躍。視察から戻った7月20日が「海の日」(2003年から7月第3月曜日)の由来になった。その後、1896(明治29)年から同大の前身、東京商船学校で練習船として使われた。

     記念館では、そうした歴史を18日から企画展「明治丸 140年ものがたり〜その船影を辿る〜」で紹介。約460平方メートルのスペースでは、建造当時の模型や食器セット、船の修繕の様子を描いた錦絵、かつての明治丸の写真などを9月30日までの期間中、展示する。

     通常の開館日は火曜から金曜と第1・3土曜(祝日は休館)、入館無料。「海の日」の18日は、越中島キャンパスに加え、港区港南の品川キャンパスで、さまざまな実験・工作教室やキャンパスツアー、体験教室なども開催される。詳細は同大のホームページで。【中根正義】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

    3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

    5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです