メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トーク

和牛 結成10周年単独ライブが即完売 ねちっこい本音さらけ出す

結成10周年記念のNSK初単独ライブを開く和牛。左が水田信二さん、右が川西賢志郎さん=大阪市中央区で、加古信志撮影

 なんばグランド花月での初単独ライブが、チケット発売と同時に売り切れた。タイトルは「10年目の新ネタラッシュ」。水田信二は「僕ら『キャーキャー』の人気はないので、ネタが面白いと思ってもらえてんのかな、とうれしかった。いい意味のプレッシャーも感じてます」と充実の表情を見せる。

 ボケ担当の水田とツッコミ担当の川西賢志郎。安定したしゃべりで、関西の賞レースでは早くから上位に食い込んだが、頭一つ抜け出せずにいた。「和牛といえばこういう漫才、っていうのがなかった」(水田)。そんな時、川西の一言で生まれたのが、やたらとねちっこい水田の理屈に川西が振り回される、という現在のスタイルだ。

 「水田の細かいとこをネタにしてみたら、って。そしたら、すっと面白いの出てきた」と川西。水田は「最初…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文814文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです