メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
まなびやの宝

吹田市立千里丘北小学校 イングリッシュデー /大阪

給食時間に英語でアナウンスする放送委員の長谷川さくらさん(右)と尾木ひなたさん=大阪府吹田市立千里丘北小で、大久保昂撮影

放送、あいさつも英会話

 「Good afternoon. It will start broadcasting.(こんにちは。放送の時間です)」

 ピカピカの校舎に英語の放送が響いた。

 吹田市立千里丘北小学校(大田正義校長)が昨年4月の開校と同時に始めた「イングリッシュデー」。毎週水曜日は、できる限り英語でコミュニケーションを取るよう心がける取り組みだ。通学路で見守り活動をする保護者たちは英語で子どもたちに声をかけ、授業の始めと終わりの「起立」や「着席」も英語に切り替わる。同校は、1年生から英語の授業を設けるなど英語教育に力を入れており、…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  4. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  5. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです