メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

県内最大「テクノ仮設団地」完成 県、スーパー誘致など対応 /熊本

完成した益城町のテクノ仮設団地

 県は15日、益城町小谷に建設を進めていた県内最大の仮設住宅「テクノ仮設団地」(516戸)が完成したと発表した。町の東端にある同団地は居住地から遠く、県が災害廃棄物の2次仮置場を近くに設置すると決めたこともあって、入居辞退者が多かった。今後は町全域から集まる被災者の人間関係を結び直し、孤立をどう防ぐかが最大の課題となる。

 入居は17日に始まる。県によると、住宅はプレハブ平屋で、間取りは3K、2DK、1DKの3種類。寄贈…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文520文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです