メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

てんかんと生きる

医療の現場で/下 消防や警察に知識あれば

 2013年11月、横浜市でてんかん発作を起こした自営業の男性(当時31歳)が自宅を飛び出し、約800メートル離れた路上で警察官に取り押さえられ、搬送先の病院で死亡した。男性の家族は119番通報していたが、現場の路上に駆け付けた救急隊には男性の情報がなかなか伝わらず、救急隊のマニュアルにはてんかんへの具体的な対処法の記載はなかった。専門家は「消防や警察にてんかんの知識があれば結果は違ったかもしれない」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1895文字(全文2103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  5. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです