海外出張中の自殺

両親に解決金500万円で和解

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

関西ペイントの入社3年目の男性 インドで

 大手塗料メーカー「関西ペイント」(本社・大阪市)の若手社員が5年前、海外出張中に自殺したのは会社側が心身のケアを怠ったためだとして、滋賀県彦根市の両親が約1億2800万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、今月7日付で和解したことが分かった。会社側が両親に弔意を表し、解決金500万円を支払う内容。

 社員は入社3年目の男性(当時26歳)。訴えによると、2009年に入社し、英語が堪能だったことを買われて、11年9月に約2週間のインド出張を命じられた。現地で新設工場の管理点検などの責任者になった。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

注目の特集