メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

猪木氏ってどんな人?の巻

燃える闘魂、ボンバイエ! チャレンジし続ける男の半生

[PR]

伝説のボクサー、ムハマド・アリ氏が 2016年6月に亡くなりました。 アントニオ猪木氏がコメントしていましたが、 プロレスラーとボクサーにどんな関係性があるのでしょうか? アントニオ猪木氏の本名は猪木寬至(かんじ)。 1943年に横浜で生まれ、家族と共に14歳でブラジルに移住しました。
円盤投げの選手として活躍していましたが、 1960年、プロレスのスーパースターだった 力道山(故人)にスカウトされ、帰国しました。 日本プロレスに入団し、同じ力道山門下の ジャイアント馬場(故人)と人気を二分しました。 曲折を経て1972年、「新日本プロレス」を設立。 プロモーターとしても才能を発揮しました。 自身の得意技は「卍(まんじ)固め」に「延髄切り」。 一方で藤波辰爾や長州力、タイガーマスク、 ダイナマイトキッドらを輩出しました。
猪木氏の名を世界に知らしめたのは、 1976年6月26日。日本武道館での ムハマド・アリ戦です。 なぜボクサーとプロレスラーが対戦したのでしょうか? アリは米国人にしてヘビー級王者。 米国の強さの象徴とも言えるアリに挑み、 頂点を目指したかったようです。 猪木氏は1000万ドル(約30億円相当)を 用意し対戦を実現。 しかし、試合は寝てキックを狙う猪木の周りを アリが動くだけで結局、引き分け。 「世紀の茶番劇」と酷評されましたが、 今に続く総合格闘技の草分けとされています。 女優の倍賞美津子さんは元妻で娘が1人います。 プロレスは98年に引退。 一方で89年、スポーツ平和党を結成し、 参院議員になりました。
1990年、イラクがクウェートに侵攻し 日本人が人質になるとバグダットへ入り、 プロレス大会を企画しイラク政府から歓迎され、 人質解放に一役買いました。 ちなみにこの時、イスラム教に改宗し、 ムハメド・フセインという名を授かっています。 北朝鮮でも2014年にプロレス大会を開きました。 本人は朝鮮半島出身である「力道山への恩返し」と 話していました。 2013年に参院から懲罰処分を受けましたが、 燃える闘魂…理解できました? 火達磨君は虎鉄先生のこの話に感銘を受けた様子。 2人で「1・2・3・ダーッ!!」…って、教室中が驚いていますよ。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです