メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松前病院

院長辞職へ 常勤医3人減に 救急対応など影響も /北海道

 町立松前病院(100床)で、木村真司院長らが辞職し、10月以降は常勤医が7人から4人に減ることが、病院関係者への取材でわかった。経営方針を巡って町と対立したことが原因。病院は24時間救急対応など業務の見直しも検討する。

 町によると、木村院長は6月7日に辞表を提出。今月末で辞職することになった。病院改革を進めるため独立行政法人化を目指したが、町側が慎重な姿勢を崩さなかったためという。

 別の医師1人も、院長が辞めれば研修システムが維持できないとして、12日付で辞表を出した。さらに現在…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文772文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです