メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エチオピア

世界最貧国、支援で衛生急改善 対策拠点1万6000カ所 テドロス元保健相に聞く

 日本が感染症対策で国際協力する意義などについて、エチオピアの元保健相で外相のテドロス・アダノム・ゲブレエサス氏に尋ねた。

 --保健制度の向上に力を尽くしてきた。

 健康なくして社会の発展はない。一番の課題は資金の欠如だった。パートナーを見つけ、協力を呼びかけた。おかげで何千人、何万人の人材(保健普及員)が研修を受けることができた。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  4. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』日本アニメ初、ドルビーシネマ版上映決定

  5. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです