東日本大震災

犠牲園児の人形、豪へ出発 同学年児童らと、海外旅行の夢乗せて /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
オーストラリアに向かう出発式で児童に人形を手渡す佐藤美香さん(中央)=JR仙台駅で
オーストラリアに向かう出発式で児童に人形を手渡す佐藤美香さん(中央)=JR仙台駅で

 海外でたくさん思い出を作ってきてね−−。石巻市の佐藤美香さん(41)の長女で、東日本大震災の津波で亡くなった愛梨ちゃん(当時6歳)の夢をのせた人形が17日、仙台白百合学園小学校(仙台市)の6年生とともにオーストラリアに出発した。生前、家族で海外旅行に行く日を心待ちにしていた愛梨ちゃん。同学年の児童と修学旅行のような旅が実現し、佐藤さんは「みんなで楽しく過ごし、無事帰ってきて」と願う。【百武信幸、本橋敦子】

 17日にJR仙台駅で開かれた出発式。オーストラリアへ向かう女子児童7人に対し、佐藤さんは「皆さんに人形を持っていってもらえて、天国の娘も喜んでいると思う。私は娘の『ただいま』を聞けなかった。皆さんは無事に帰ってきて、お母さんに元気な声で『ただいま』と言ってください」と呼びかけた。佐藤さんから人形を受け取った小竹真奈さん(12)は「たくさんの思い出を愛梨ちゃんに届けられるよう、楽しい写真をいっぱい…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1216文字)

あわせて読みたい

注目の特集