メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/19 増本藤兵衛酒造場 名杜氏の技、ここに昇華 /滋賀

蔵の前に立つ蔵元杜氏の増本庄治さんと妻麻衣子さん。長男圭亮さんは少し眠そう?=滋賀県東近江市神郷町で、山本直撮影

 「おやっさんの味を自然と受け継いでいるんでしょうね。その味がずっと『スタンダード』だったんですから」。蔵元杜氏(とうじ)の増本庄治さん(46)が言った。

 「おやっさん」とは増本藤兵衛酒造場で約40年もの間、杜氏を務めた坂頭宝一(さかがしらほういち)さん(86)のこと。能登杜氏の中でも最年長クラスで、後半生は増本で「薄桜(うすさくら)」を醸し続けた。純米吟醸原酒が2007年に「滋賀地酒の祭典」のファン投票で初代の県知事賞(第1位)に輝くなど評価は高い。また、中澤酒造(東近江市)の「一博」の「一」は、蔵元が酒造りを教えてくれた坂頭さんの名から1文字もらったもの。近江の地酒業界に残した足跡は小さくない。

 増本さんはそんな名杜氏の後を継いだ。五代目の蔵元になるのは既定路線だったが、「社会を見たい」とコンピューター関連の会社でサラリーマンを経験。退職して1990年代半ば、島根県の池月酒造で1シーズン、蔵人として学んだ。翌年度(醸造年度は7月から翌年6月)の11月から3月には東広島市の国税庁醸造研究所(現・独立行政法人酒類総合研究所)に在籍したが、「まだ何も身についていない」と感じて研修生として残り、…

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです