メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生前退位

/下 親子で毎月会合、信頼感 思い実現、制度面の課題多く

今年の「講書始の儀」を終え、会場から退出される天皇、皇后両陛下と皇太子さま、秋篠宮さま=皇居・宮殿で2016年1月12日(代表撮影)

 天皇陛下、皇太子さま、秋篠宮さまに風岡典之・宮内庁長官が加わった4人の会合が、ほぼ毎月、皇居・御所で開かれている。会合では、象徴天皇のあり方について陛下が思いを話されることもあるという。会合の後、長官が外れ、皇后さまを交えて親子4人で食事を楽しまれることもある。

 2012年2月に心臓の冠動脈バイパス手術を受けた天皇陛下は、同年12月の記者会見で「私が病気になったときには、皇太子と秋篠宮が代わりを務めてくれますから、心強く思っています」と話した。こうした信頼感の表明は毎月の会合の延長線上にあるとみる宮内庁関係者は多い。

 15年に陛下は、「こどもの日」と「敬老の日」にちなんだ施設への訪問を皇太子さまと秋篠宮さまに譲った。体調とは関係なく「若い世代に譲ることが望ましい」との考えによる公務の引き継ぎだった。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです