メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生前退位

/下 親子で毎月会合、信頼感 思い実現、制度面の課題多く

今年の「講書始の儀」を終え、会場から退出される天皇、皇后両陛下と皇太子さま、秋篠宮さま=皇居・宮殿で2016年1月12日(代表撮影)

 天皇陛下、皇太子さま、秋篠宮さまに風岡典之・宮内庁長官が加わった4人の会合が、ほぼ毎月、皇居・御所で開かれている。会合では、象徴天皇のあり方について陛下が思いを話されることもあるという。会合の後、長官が外れ、皇后さまを交えて親子4人で食事を楽しまれることもある。

 2012年2月に心臓の冠動脈バイパス手術を受けた天皇陛下は、同年12月の記者会見で「私が病気になったときには、皇太子と秋篠宮が代わりを務めてくれますから、心強く思っています」と話した。こうした信頼感の表明は毎月の会合の延長線上にあるとみる宮内庁関係者は多い。

 15年に陛下は、「こどもの日」と「敬老の日」にちなんだ施設への訪問を皇太子さまと秋篠宮さまに譲った…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです