メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判決の波紋

南シナ海/上(その1)「ここは中国の海だ 公船も守ってくれる」 官民一体で進出

海南島の位置

 南シナ海に面した中国有数のリゾート地、海南島三亜市。夏の太陽が照りつける砂浜から歩いて10分、薄暗いアパートの一室では、ベッドや棚の上に赤や白のこぶし大の塊が山積みになっていた。「南沙や西沙の海で取れたサンゴだ。一つ80元(約1280円)、土産にどうだい」。肩にサソリの入れ墨をした半裸の男が熱心に売り込んできた。

 乱獲が進む海南省ではサンゴの採取や売買は禁止されている。違反すれば最高5万元(約80万円)の罰金が…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです