メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
感謝の言葉をかけられた主人公の介護士、恩田百太郎が涙を流す「ヘルプマン!」(講談社)のワンシーン(c)くさか里樹

 いつかはやってくると思ってはいても、いざ直面すると戸惑うことの多い介護。解説本を読むのは面倒でも、漫画に親しみのある今のシニアならば、介護を扱った漫画で心の準備をしておく手がある。どんな漫画があるのか調べてみた。

 ●タブーテーマも

 介護漫画の先駆けは、くさか里樹(りき)さんの「ヘルプマン!」(講談社)。破天荒な介護士の恩田百太郎(ももたろう)が、型破りな手法でお年寄りを笑顔にする介護を実践していく物語だ。雑誌「イブニング」で2003年から連載し、単行本全27巻を刊行。11年には日本漫画家協会賞大賞を受賞した。14年末発売の雑誌「週刊朝日」で「ヘルプマン!!」(朝日新聞出版)として復活し、連載を続けている。

 くさかさんは在住の高知県を中心に全国の介護・医療関係者に取材して漫画に反映させてきた。再び口から食…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1350文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです