メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

モンキートレイン=酒井佐忠

 『モンキートレインに乗って72』の一巻が、ながらみ書房から刊行されている。一風変わった書名だが、1944年のさる年生まれの歌人の集まり、「昭和十九年の会」による短歌アンソロジーである。この年、6月・連合軍ノルマンディー上陸、7月・サイパン島玉砕、東条内閣総辞職、10月・神風特攻隊の出撃開始…。日本の敗戦がまぢかに迫った年に産声をあげた歌人たち。そして一転、戦後の平和を生きた今年72歳の歌人の声が極めて貴重だ。

 <ホルムスクといまは呼ばれて日本にあらざる街にかへるなかりき>(林田恒浩)。ホルムスクは旧樺太(サハリン)の都市、真岡。父は虜囚として苦難した。今も故郷喪失者(デラシネ)を自認する作者だ。<あの時もきつと青空はちぐわつのジャワ・ジャカルタの父の青空>(南輝子)。ジャカルタの土に埋められた父の骨。父から母へ、出産を案じる最後の「電報送達紙」が今も引出しに。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです