メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

振り込め詐欺

格安SIMの悪用激増 レンタル電話は減少

振り込め詐欺に使われたレンタル電話とMVNOのSIMカードの件数の推移

神奈川県警、今年すでに74回線確認

 大手通信会社から回線を借りて通信サービスを提供する事業者(MVNO)の音声通話機能付きSIMカードが、振り込め詐欺に悪用されるケースが急増していることが、神奈川県警捜査2課の調べで分かった。昨年は10回線が確認されたのに対し、今年は6月末までに74回線に上った。犯行に多用されていたレンタル電話は減少傾向で、県警は「犯行ツールがシフトし始めた」とみて警戒している。【村上尊一】

 MVNOのSIMカードは「格安SIM」とも呼ばれ、利用者が増えている。捜査2課が昨年1月〜今年6月、振り込め詐欺に使われた885回線の契約状況を調査したところ、84回線がMVNOの音声対応SIMと判明した。今年になって急増している。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです