メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競走馬

射殺の容疑で元牧場経営者を逮捕

 北海道警静内署は18日、所有していた競走馬のサラブレッド2頭を射殺したとして、新冠町朝日、元牧場経営、榊明彦容疑者(60)を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)と銃刀法違反(用途外発射)の容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は2月27日夜、当時経営していた「競優牧場」のサラブレッド2頭を、所有するライフル銃で射殺…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです