メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

拘束6000人…クーデター失敗、大統領強硬姿勢

 【イスタンブール(トルコ西部)大治朋子、アンカラ福島良典】トルコで起きた国軍の一部によるクーデターの試みで、当局は17日、事件に関連したとして軍や司法関係者約6000人を拘束したと明らかにした。判事ら2700人以上を含む。地元メディアが報じた。政権転覆の危機を乗り切ったエルドアン大統領は死刑の導入まで示唆し権力基盤の強化を進める構えだが、強権的対応への批判が高まる可能性もある。

 エルドアン氏は、自らと敵対し、軍や司法関係者に影響力を持つイスラム教指導者ギュレン師が事件の「黒幕」だと主張し、身柄の引き渡しを滞在先の米国に要求している。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです