メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

大物相次ぎ欠席表明…18日から共和党大会

トランプ氏=西田進一郎撮影

 【ワシントン西田進一郎】11月8日の米大統領選に向けた共和党全国大会が18〜21日、中西部オハイオ州クリーブランドで開催され、実業家ドナルド・トランプ氏(70)が大統領候補に正式指名される。元・前大統領のブッシュ親子ら党主流派の大物が相次いで欠席を表明するなど、不協和音がやまない中、民主党からの8年ぶりの政権奪回に向けた機運を一気に高めることができるかが注目される。

 政治経験のない大統領候補の指名は、第二次大戦の連合国軍最高司令官だった1952年のアイゼンハワー氏(第34代大統領)以来。同州は人口構成や産業などの面で「全米の縮図」とされ、約10州ある本選での激戦州の一つ。60年大統領選を最後に、同州で敗れて当選した候補はおらず、共和党が必勝の意気込みを込めて、開催地に決めた。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです