高校野球

無念の没収試合…熱中症?交代要員なく 和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
足がつり、その場に倒れ込む伊都の柴田寿幸選手=和歌山市の県営紀三井寺球場で2016年7月17日午後6時32分、高橋祐貴撮影
足がつり、その場に倒れ込む伊都の柴田寿幸選手=和歌山市の県営紀三井寺球場で2016年7月17日午後6時32分、高橋祐貴撮影

 和歌山市の県営紀三井寺球場で17日にあった第98回全国高校野球選手権和歌山大会2回戦で、伊都(和歌山県橋本市)の選手1人が熱中症とみられる症状で倒れ、病院に緊急搬送された。来年3月で閉校となる伊都は3年生9人のみで「最後の夏」に臨んでいた。交代要員がいなかったため、規定により没収試合となり、無念の敗退が決まった。

 伊都はセンバツに3度出場した古豪。しかし閉校が決まった後は入部者がおらず、7人いた部員が昨夏以降に5人に減った。必死に勧誘した結果、野球経験のある4人が加わり、なんとか大会出場にこぎつけた。「最後に校歌をグラウンドに響かせたい」が選手たちの合言葉になり、この日が初戦だった。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文610文字)

あわせて読みたい