メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク

英半導体を3.3兆円買収 IoTに注力

 ソフトバンクグループは18日、英国の半導体設計大手ARM(アーム)ホールディングスを約240億ポンド(約3・3兆円)で買収することで合意したと発表した。日本企業の海外企業の買収では過去最大規模となる。アームはスマートフォンの主要部品で高い世界シェアを占め、最先端の技術力と多くの特許をもつ。ソフトバンクは、あらゆる機器がインターネットでつながる「IoT(モノのインターネット)」を今後のビジネスの柱に据え、アームの技術や特許を活用する方針だ。

 孫正義社長は同日、ロンドンで記者会見し「アームは世界的に名高いテクノロジー会社だ。今後、自動車や家電がネットにつながるIoTの時代になれば、市場価値は大きくなっていく。グループの中核に位置づけていきたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです