メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京 和のたくみ

(4)畳職人――金井功さん 糸一本にこだわる

 厚さ5、6センチの畳を縫っていく手の動きは意外に速い。畳職人の金井功さん(40)は、鉄板入りの「手あて」をはめた右の手のひらを使い、長さ15センチほどの畳針を畳床(土台)に通していく。左手をセンサーのように使って畳床のわずかな凹凸を探り、右手で糸の強さなどを案配するため、機械で縫うより糸が緩まない。手縫いを極めれば、100年たっても型崩れしない畳ができるという。

 畳は、稲わらを敷き詰めた畳床を、い草を織った「畳表(たたみおもて)」で覆い、布製の「へり」を縫い付…

この記事は有料記事です。

残り2041文字(全文2274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです