メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京 和のたくみ

(4)畳職人――金井功さん 糸一本にこだわる

 厚さ5、6センチの畳を縫っていく手の動きは意外に速い。畳職人の金井功さん(40)は、鉄板入りの「手あて」をはめた右の手のひらを使い、長さ15センチほどの畳針を畳床(土台)に通していく。左手をセンサーのように使って畳床のわずかな凹凸を探り、右手で糸の強さなどを案配するため、機械で縫うより糸が緩まない。手縫いを極めれば、100年たっても型崩れしない畳ができるという。

 畳は、稲わらを敷き詰めた畳床を、い草を織った「畳表(たたみおもて)」で覆い、布製の「へり」を縫い付…

この記事は有料記事です。

残り2041文字(全文2274文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  4. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  5. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです