メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ドーピング、どうやって検査?=回答・浅妻博之

選手の居場所把握 抜き打ちで調査

 なるほドリ 世界反ドーピング機関(WADA)の取(と)り締(し)まりは厳(きび)しいんだよね。

 記者 各国の強化指定(きょうかしてい)選手らは、練習場や宿泊先などの「居場所(いばしょ)情報」を事前登録して、抜(ぬ)き打(う)ち検査を受けなければなりません。選手の行動は反ドーピング(禁止薬物使用)登録システム「ADAMS」で一元管理(いちげんかんり)されています。競技会での採尿(さいにょう)や採血(さいけつ)だけでなく、警察や入国管理局(にゅうこくかんりきょく)など公的機関と情報を共有して、居場所に踏み込んで検査できます。2006年トリノ冬季五輪では選手の居場所に踏み込んでオーストリアのスキー選手から注射器(ちゅうしゃき)や禁止薬物を…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]