メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ドーピング、どうやって検査?=回答・浅妻博之

選手の居場所把握 抜き打ちで調査

 なるほドリ 世界反ドーピング機関(WADA)の取(と)り締(し)まりは厳(きび)しいんだよね。

 記者 各国の強化指定(きょうかしてい)選手らは、練習場や宿泊先などの「居場所(いばしょ)情報」を事前登録して、抜(ぬ)き打(う)ち検査を受けなければなりません。選手の行動は反ドーピング(禁止薬物使用)登録システム「ADAMS」で一元管理(いちげんかんり)されています。競技会での採尿(さいにょう)や採血(さいけつ)だけでなく、警察や入国管理局(にゅうこくかんりきょく)など公的機関と情報を共有して、居場所に踏み込んで検査できます。2006年トリノ冬季五輪では選手の居場所に踏み込んでオーストリアのスキー選手から注射器(ちゅうしゃき)や禁止薬物を…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです