メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
イチからオシえて

アジアの石綿対策、急務 経済発展に伴い消費急増、健康被害を懸念

 経済発展の著しいアジア各国でアスベスト(石綿)の消費が急増している。米国の調査では、2013年の石綿消費量の上位10カ国のうちアジアが8カ国を占めた。今後、中皮腫や肺がんなどの石綿関連疾患が急増するとみられ、世界の研究者たちが対策の必要性を訴えている。

 「まさかここまでひどいとは……」。11年9月、モンゴルの首都ウランバートルにある火力発電所を見学した岸本卓巳・岡山労災病院副院長(63)は、目の前の光景に思わず息をのんだ。古くなって破損した石綿断熱材が床に放置され、「石綿」とラベルの貼られた袋が至る所で無造作に山積みにされていた。ほこりが舞う中、若い作業員がマスクもせずに作業していた。

 中皮腫が専門の岸本さんはモンゴルの医師からの依頼で、10年から毎年、モンゴル各地で中皮腫の診断や治…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1074文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです