メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

クーデター「事前に察知」 公務員処分5万人超す

 【イスタンブール大治朋子】トルコの一部軍人によるクーデターが失敗した事件で、トルコ軍は19日声明を発表し、トルコ国家情報機構(MIT)が事件数時間前の15日午後4時ごろ、クーデター計画の存在を軍幹部に事前に通知していたと明らかにした。MITの情報がなければ事件は拡大した可能性があるが、阻止できなかった理由など疑問が残り、新たな議論を呼びそうだ。一方、トルコ当局は事件に関連し軍人らの拘束や教員の停職などを進め、5万3000人以上が粛清される異例の事態となっている。

 軍の声明によると、MITの情報を基に参謀総長は「必要な全ての警告や指示を関係各所に出した」という。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです