メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

株主が「監査法人に115億円の賠償提訴を」

東芝本社ビル=東京都港区で、内藤絵美撮影

 東芝の不正会計を見落とし、注意義務を怠ったとして、大阪府内の男性株主が19日、会計監査を担った監査法人最大手「新日本監査法人」に約115億円の損害賠償を求める訴訟を起こすよう東芝に提訴請求書を送った。東芝が60日以内に提訴しない場合、男性は会社法に基づき東京地裁に株主代表訴訟を起こす方針。

 男性の代理人を務める「株主の権利弁護団」(大阪市)によると、監査法人に対する代表訴訟は例がない。

 東芝は2008〜14年度、主力の半導体やテレビ事業に関する損失計上の先送りなどで総額約2300億円の利益を水増しした。しかし、新日本はこの間の決算を「適正」と評価。金融庁は昨年12月、公認会計士法に基づき、新日本に課徴金約21億円の納付や新規契約業務の3カ月停止(1〜3月)の処分を出した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「コロナ緊急対策予算」これだけの不要不急 (上)その事業、いま必要? 不要不急な政府「緊急経済対策」の実態 新型コロナ

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです