メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモンGO

アウシュビッツ博物館を舞台は「不適切」

 【ウィーン三木幸治】任天堂などが開発した世界の街中でキャラクターを探すゲームアプリ「ポケモンGO」を巡り、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)が行われたポーランドの強制収容所跡地の博物館が、犠牲者をしのぶための同館がゲームの舞台になっているのは「不適切だ」として製作者側に改善を求め、承諾を得たことが分かった。今後も世界中から製作者側に同様の抗議が相次ぐ可能性がある。

 ポケモンGOはスマートフォンの位置情報機能を使ったゲーム。世界各地の街中などでスマホのカメラを起動すると、画面に映った現実の景色に多様なポケモンが現れる。利用者は世界中でポケモンを探し、捕まえるなどして遊ぶ。6日に米国など数カ国で配信され、爆発的人気を誇っている。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです